ピラティス留学
Pilates

本場アメリカでピラティスのインストラクターになろう!

E2 SMILE独自のピラティス留学とは?

  • アメリカの公的機関のネバタ州立大学が公認する唯一のUNLVピラティス指導者資格
  • 創始者でありアメリカ界のピラティス第一人者ドリーケラペスが講師
  • 年に2回のネバタ州立大学UNLV内での資格講座
  • 3週間でマット、イクイップメントの指導者資格が取得
  • 日英バイリンガルの通訳や事前解剖授業など日本人に優しい充実したサポート

ドリーケラペスとは

DK BODY/ネバダ州立大学公認ピラティス創立者であり、30年以上もの間プロのダンサーとして活躍するドリーケラペスは、ネバダ州立大学ラスベガス校にてバレエやピラティス講義の教授として 今でも教壇に立っています。ドリーケラペスはこれまで多くの著名人やセレブ、ダンサー、アスリートなど幅広いジャンル方を指導し、その指導方法は絶賛されています。 そんなドリーケラペスの書籍やDVDは今なお日本や韓国でも多く出版されおり、アメリカでは健康を推進する有名なTV番組「ヘルシーライフスタイル」で看板コーナーもつとめるなど、 ピラティス界の信頼は今や揺るぎないものです。 現在は25年前に建てたラスベガススタジオの他、全米はもとより、メキシコ、韓国など自身のスタジオを持ち、 ピラティスは全世界すべての人に必要なエクササイズであると精力的に広め続けています。


ドリーケラペスの手法とは

自身の理学療法に関する豊富な知識を生かし、マッサージセラピー・アレキサンダーテクニック・フェルデンクライステニック等の幅広い知識を取り入れた手法です。 そのため、この手法は多くの病院やフィジカルセラピークリニック、カイロプラクティッククリニック等のリハビリ施設を持つ健康医療機関に認められピラティス専用のスタジオも設置されています。


ドリーケラペスの経歴

  • 1983年からネバダ州立大学ラスベガス校にてダンスを教える
  • スターダンサーとして活躍中に見舞われ怪我のリハビリをきっかけにピラティスと出会う
  • 1987年 サンフランシスコにてイブ ジェントリーよりピラティスを学ぶ
  • 1997年 ピラティス資格を取得すると同時に理学療法の勉強を始めフィジカルセラピー、マッサージセラピー、アレキサンダー&フェルデンフライステクニックと広範囲に渡る知識を取り入れ、 彼女独自の手法「DK BODY BALANCING METHODS」を確立
  • 彼女の資格はネバダ州立大学公認となり、全米で唯一の公的機関としての資格を発行
  • ネバダ大学ダンス学部において彼女の授業は卒業するための必須科目となっている
  • 2014年 ネバダ州立大学にてピラティスがマイナープログラムの学位として認定される(DKピラティスプログラムが大学全体のカリキュラムとして認定される)

資格取得率が高いのは?

理解度にこだわる!

留学のお申込みされた方には、解剖学の事前学習として、日本の事前テキストを配布いたします。渡米前に細かい解剖学の予習できることで、本講座中でのゆとりを持ち受講することが出来ます。

アシストがある!

資格講座中は言語の通訳はもちろん、エクササイズの動きについても多くのスタッフがサポートに入ります。 講座に参加する多くのスタッフはDK BODYトレーナーの最も地位が高いマスタートレーナーであり実力、指導力ともにレベルが高いです。 日本人スタッフも多くいるので、エクササイズが分からない場合など気軽に質問できます。

練習する環境!

アメリカのスタジオはマットスペースも広く、マシンも何台も置いてあるため、思う存分練習が出来ます。 資格講座で教わったエクササイズをその日に納得行くまで練習するのには最高のロケーションです。

※参加人数などで日程の変更があります。

1日目 イントロダクション、自己紹介
ヒストリー、ジョセフピラティスについて
プレピラティス
2日目~5日目 用語のレクチャー、骨、結合組織のレクチャー、筋肉のレクチャー、障害予防のレクチャー
プレピラティス
スモールボール
セラバンド
ラージボール
クラシカルピラティス
6日目 マット復習
実技テスト
7日目 休講
インターン(自主練習)
8日目~9日目 イクイップメント 1ST Progression
10日目 イクイップメント 1ST Progression キューイング
11日目 イクイップメント 1ST Progression ティーチング
12日目 イクイップメント 2ND Progression
13日目 イクイップメント 2ND Progression
14日目 休講
インターン(自主練習)
15日目 イクイップメント 2ND Progression復習
6週間プログラム制作
動作分析プログラム制作
16日目 イクイップメント 2ND Progressionティーチング
動作分析プログラム制作
17日目 復習
6週間プログラム制作
動作分析プログラム制作
18日目 復習
6週間プログラム制作
動作分析プログラム制作
19日目 筆記テスト
プロジェクト提出
20日目~21日 インターン(自主練習)

<留学費用について>

コース ピラティス留学(資格講座のみ)
マット・イクイップメント(3週間)
ピラティス+語学留学(3か月)
マット・イクイップメント+8週間の語学スクール
費用
  • マット 1,800ドル
  • イクイップメント 4,500ドル
  • マット+イクイップメント 6,000ドル
※イクイップメント単独申し込みはマットの資格保持者のみです。
  • 12,500ドル(UCEDA語学スクール)

ピラティス+語学留学の特徴は?

  • ラスベガスの開放的なスタジオでインターン放題!
  • 語学もしっかり学べる!
  • ホームスティでアメリカ生活を実感できる!
  • オプションで全米のプロスポーツ選手が治療にくるスポーツクリニックでインターン!
  • オプションでシルクドソレイユのバックヤード見学(シルクのバックヤードピラティス見学!)
コース 2019年1月プログラム
英語研修付
Mat & Equipment
2019年5月プログラム
英語研修付
Mat & Equipment
滞在エリア
ラスベガス到着 1月6日(日) 5月5日(日) ラスベガス
マットプログラム開始 1月7日(月) 5月6日(月)
マシンプログラム開始 1月14日(月) 5月13日(月)
午前語学スクール +
午後スタジオでインターン
1月28日(月) 5月27日(月)
ラスベガス出発 3月23日(土) 7月20日(土)

※語学スクールは延長などのカスタマイズが可能です。

語学留学に含まれるもの 語学留学に含まれないもの
  • ラスベガス滞在費
  • UNLVピラティスプログラム出願手数料/授業料
  • 現地サポート費用
  • 英語通訳アシスタントサービス
  • ピラティス解剖事前テキスト
  • ピラティスのテキストブック
  • 生活費・食費など
  • 渡米時の航空券代、日本国内での移動交通費
  • 滞在先での電話使用料
  • レンタカー費用(使用する場合)
  • 推薦本「骨格筋ハンドブック」
※日本にAmazonなどで購入することをお勧めします。